道東野生動物保護センター 保護センターのシンボルマーク
East Hokkaido Wild Life Care Center

〜小さな野生動物の生命を救う事が、 大きな自然を守る1歩になるのでは〜


所在地


 〒086-1100
 北海道 標津郡 中標津町西中27
 センター長 森田 正治
 Tel&Fax 01537(2)1333

沿革


昭和60年1月、 子供たちとのふれあいを目的に『森田どうぶつ公園』を開設 それまで傷病野生動物は,釧路市動物園に 運ばれていましたが、遠方のため, 次第に当方に搬入されるようになりました。 救護が本格的となり、個人では限界となったため、 平成元年4月、仲間らと本センターを設立。
 以降、国の天然記念物のタンチョウや希少鳥類を始め、 一般的な野生動物まで治療、ケアをボランティアで 行っています。
 また、平成5年から全国の獣医学生らを対象に、 夏季実習・研修教育を行っています。

運営


北海道で唯一の野生動物(鳥獣)保護センターで、 北海道の協力機関に委託されていますが、 北海道,地元自治体の補助や助成では不充分で、 全国の多くの方々の寄付や賛助会費で何とかやっています。 皆様の暖かいお志をお願いしております。
 寄付,賛助会費(年会費・個人一口二千円, 団体一口五千円、何口でも)は

郵便振替 口座番号”02710-8-35724”
加入者名 ”道東野生動物保護センター”


へお願い致します。

施設


 ・JUN診察舎(診察室,研修室,保護室,暗室)
 ・ISOBEワシ類舎
 ・KISAO野鳥訓練舎
 ・MOTAI中型野鳥舎
 ・中小野鳥舎
 ・水鳥舎
 ・しか舎
 ・キツネケージ等
 ・宿泊用のログハウス(A&Iハウス)とプレハブハウス

救護のアドバイス


随時,傷病野生動物の治療、看護などの 救護アドバイスをしていますので、 お気軽にご相談下さい。
←保護センターの看板写真
傷ついた動物の写真→


傷付いたり、弱っている野生動物を見つけたり、 拾った場合は、いきなり動物病院や動物園に持っていかず、 休日・時間外でも都道府県や市町村へご連絡し ご相談下さい。

∇動物保護をしています ∇保護教育をしています ∇ご支援に感謝します

E-Mail

TOP