NPO法人エトセトラ / Qでつなごう!幸せの子育て・目次

問題56

発達障害の中で一番多いのは?


@注意欠如・多動性障害(ADHD)

A自閉症スペクトラム障害(ASD)

B限局性学習障害(SLD)

 平成24年に行われた文部科学省の調査をもとに考えることにします。[15]
 この調査は次の3つの領域について行われました。

(1)行動面(「不注意」「多動性−衝動性」)の状況
(2)行動面(「対人関係やこだわり等」)の状況
(3)学習面(「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」)の状況

 この3つの状況について、担任教員がアンケートに答える形で調査が行われました。
 (1)〜(3)は、@〜Bの発達障害に対応していることに気づかれたでしょうか。
 つまり、大まかな特徴は次のようになります(以下、一般的な名称に置き換えます)。

 @ADHD(コントロール系の障害)
 A自閉症スペクトラム(対人系の障害)
 BLD(学習系の障害)

 この中で存在率が一番高いのはどの障害でしょう。


>>