本文へスキップ

海から野付をご案内。別海町の観光船

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0153−86−2533

いきものanimals

ゴマフアザラシ

温泉イメージ

野付湾のいきものといえば、夏〜秋にやってくるゴマフアザラシたち!
8月がピークでその数、多いときで50頭ほどみられることも。
オススメは大潮の干潮時間に近い便に乗ること。干潟の上で全身が現れたゴマちゃんたちがごろごろしながらお出迎えしてくれます。また、潮があるときでも、干潮時とは違ったアクティブな一面をみせてくれることもあるので、それぞれの違いを比べるのも楽しいです。
干潮満潮時刻は日によって異なるので、ぜひお問い合わせください。


魚類

館内施設イメージ 野付半島付近は漁業が盛ん。時期によってさまざまな魚種が獲れます。その中でも代表的なのが、北海シマエビとして知られるホッカイエビ。野付湾では伝統漁法打瀬舟(うたせぶね)による漁をしていて、初夏と秋の風物詩にもなっています。普段はアマモに隠れているので緑がかったしましま模様ですが、ゆでると真っ赤になります。
そのほかにもホタテガイやアサリ、シロザケなどが獲れています。にぎわう港の様子を見てみるのも楽しみ方のひとつ。




野鳥

館内施設イメージ

野付半島周辺は野鳥の宝庫。野付エリアで確認されている野鳥は230種を超えます。その中でもオススメは春と秋にやってくるカモたち。国の天然記念物であるコクガンは日本最大数の6,000羽以上が飛来します。観光船の湾内航路でもたくさんみられます。
貴重な野鳥たちの宝庫、野付半島に海からアクセスできるのはココならでは!

野鳥については野付半島ネイチャーセンターの野鳥情報でcheck!


鯨類

温泉イメージ

根室海峡はサケ・マスをはじめとし、ホタテ、ホッキなどの漁業が盛んです。それを裏付けるように鯨類も豊富で、ミンククジラ、カマイルカ、ネズミイルカなどが確認されています。外海に出てクジラを探してみましょう。その際には海鳥も数多く目にすることでしょう。


エゾシカ

館内施設イメージ

最近ではすっかり害獣扱いのエゾシカ。野付半島でも例外なく、原生花園のお花をむしゃむしゃ食べています。そんなシカも間近でみるととってもかわいらしいもので、こちらを見つめ返す目にほれぼれしてしまうことも。
トドワラ遊歩道でときどき出会うことがあります。


キタキツネ

館内施設イメージ

野付半島のキツネはよく魚を食べています。トドワラの海辺で足跡をみかけるのもそのためです。潮が引いて干潟になっているときは、海岸線をうろうろしながらエサを探します。ときには大きな魚をくわえて走っていることも!もしかしたらアオサギから横取りしたのかも・・・


店舗写真

information店舗情報

別海町観光船
/(株)別海町観光開発公社

〒086-1643
北海道野付郡別海町尾岱沼港町232
TEL.0153-86-2533
FAX.0153-86-2009
E-Mail.b.hune@aurens.or.jp
    →アクセス